上物竿イメージ

商品ロゴ

並継ならではの好バランス、好フィーリング

“並継”仕様は、印籠継と異なり、継ぎ部が各節のブランクスと一体で成形されるため、スムーズな曲がりが表現しやすく、好バランスに仕上がる事が特長の一つと言えます。そんな“並継”の特長を活かしつつ、しなやかさと強さを融合させ、印籠継とは一味違う、並継でしか表現できない独特の好フィーリングに仕上がっています。
ダイコー石鯛竿の中では中核に位置するシリーズのため、中弾性グラファイトをメインマテリアルとしていますが、その特性をフルに引き出した設計で、振り抜けの良い調子でありながら、しなやかさと粘り強さを合わせ持っています。

商品イメージ


■Parts

詳細説明画像

■ガイド

SiCリングガイドを、オリジナルのコンセプトでバランス配置。
写真の並継モデルは、軽量で糸絡みしにくいステンレスフレームのローライダーガイド仕様。
元竿のガイドは糸絡みを防ぐためあえて逆付けにしています。

詳細説明画像

■並継

継ぎ方は、全節に並継ぎ

■合わせマーク

写真の並継モデルには口金に全節ガイド合わせマーク入り

詳細説明画像

■腹当て(石突き)

並継・振出共に500〜540のアイテムには湿気に強く耐久性に優れている
カリン材を採用。
500は腹当(小)520〜540には腹当(大)を装備。
470HHHにはクエ竿用の竿受け、石鯛用の竿受けの両方にセットできる、
アルミ腹当(小)を装備。

■グリップ

握り易く、手になじむノンスリップパワーグリップ。

■リールシート

富士工業製ダイコーオリジナル仕様のロングナットシート。ナット部にはスベリ止め加工を施しています。

磯TOPページに戻る